東京と埼玉に強い行政書士 Ican行政書士事務所

運送業許可サポートセンター

070-1389-0777

受付: 8:00~19:00(日祝祭日は除く)

運送業専門でない行政書士に依頼するデメリットとは

運送業専門でない行政書士に依頼すると「大変なこと」になります!

 

最近、弊事務所(Ican行政書士事務所)には、下記のようなご相談が増えています。

・別の行政書士の先生に運送業の許可申請をお願いしたけれど、法令試験について全く知識がなく、別の運輸局の過去問をわたされて「これをやっていれば大丈夫です」と言われました。先生、本当に大丈夫ですか?

・許可をお願いした行政書士が、申請書類を提出して2カ月~3カ月で許可が出ると言っていたので、そのスケジュールで事業計画をたてたところ、4カ月経っても許可が下りません。営業所の費用や人件費など、大変な損失です。

・知り合いの行政書士に頼んだのですが、許可までに半年以上かかった上に、その後の届出を提出するのを忘れて、許可から営業まで2カ月近くかかり、荷主と従業員に大変な迷惑をかけてしまいました。

 

運送業専門の行政書士は実は少ない!

新規の運送業許可をこれから取得する事業者が、行政書士に申請書類を依頼する場合、たいていの場合、税理士の紹介や、知人からの紹介、ネットの広告で「安さ」を前面に出す行政書士に依頼します。
しかし、そうした行政書士の多くが、運送業専門ではありません。
中には、運送業の許可申請を初めてする行政書士もいらっしゃいます。つまり素人です。
もちろん、それが悪いというわけではありません。誰もが最初は初めてですから――。
ただ、運送業の許可申請というものは、通常の行政書士の許認可申請(例えば建設業許可)などと比べて、
かなり複雑で、申請書類も多く、その反面、マニュアルも少なく、許可まで期間も半年前後と長期にわたります。
事業者は、その間、許可申請のために、営業所や駐車場を確保し、運行管理者や整備管理者、何よりもドライバーを確保して、
事業の準備を進めなければなりません。
そうです。運送業の許可取得のためには、
専門的な高度な知識と経験が、行政書士には求められます。
ですから、運送業専門の行政書士に依頼しなかった場合、
多くの場合、かなりの確率で、様々なトラブルに遭遇することになります。
その「トラブル」とは、事業の損失に直結しますから、
単に「手続料が安い」「知人から紹介された」というだけで、
運送業に詳しくない行政書士に手続きを依頼するのではなく、
運送業を専門にしている行政書士に、ぜひご連絡下さい

「Ican行政書士事務所」は運送業専門の行政書士事務所です!

Ican行政書士事務所は、東京・埼玉を中心に、
運送業を専門にする行政書士事務所です。
これまで数多くの事業者の許可申請を行い、
的確なスケジュール管理、
ご信頼を頂いています。
詳しくは下記のページもご参考下さい!
運送業許可サポートセンターが信頼される理由
※許可申請手数料のご案内

まずはお気軽にお電話下さい!

ぜひ、運送業の法令試験でお困りの方は、ぜひ一度、下記にご相談下さい。(相談はもちろん無料です)

ご連絡をお待ちしています。

 

Ican行政書士事務所・代表 矢内

070-1389-0777

ican.office7@gmail.com