東京と埼玉に強い行政書士 Ican行政書士事務所

運送業許可サポートセンター

070-1389-0777

受付: 8:00~19:00(日祝祭日は除く)

これから運送業を始められる方へ

🔹運送業許可の要件とは

今回は、これから運送事業を始めたいという方に向けて、どなたにもわかるように、運送事業の始め方についてご説明します。

運送業の許可で重要な要件(条件)は、大きく分けると次の5つとなります。

【1. 人の要件】

➀ドライバー、運行管理者、整備管理者の確保

・まず何よりもドライバーの確保です。

運送事業の開業に必要にトラックの数は、最低5台(島嶼地域や霊柩は除く)ですが、ドライバーも最低5人が必要となります。

 ・それに加えて、運行管理管理者、整備管理者が最低1人ずつ必要となります。

運行管理者と整備管理者はドライバーと兼任しても大丈夫ですし、

社長や役員が兼任しても構いません。

 運行管理者は、運行管理者試験に合格し、資格者証を取得した方しかなることができません。

 整備管理者は、自動車整備士3級以上を取得している方、もしくは整備管理の経験が2年以上あり、所定の講習を受講した方が対象になります。

(以前、別の運送会社にドライバーとして勤務されていた方は、以前の会社から2年以上の実務経験証明書を発行してもらい、「整備管理者選任前研修」を修了することで、整備管理者になることができます)

➁欠格事由に該当していないか

  • 申請者が過去に1年以上の懲役を受け、執行後5年以上経過していいない場合は、許可がでません。
  • 申請者が過去に運送業許可の取り消しを受けた場合、取り消された日から5年以上経過していなければなりません
  • 未成年者、または成年被後見人で、法定代理人が上記に該当していないこと。

➂ドライバーが社会保険等に加入していること

許可申請時には必要ありませんが、許可取得後、すべてのドライバーは社会保険雇用保険、労災保険に加入しなければなりません。

【2. 営業所の要件】

➀使用権限を有しているか

営業所は、自己所有物件もしくは賃貸物件のいずれかである必要があります。

また、市街化調整区域は営業所の設置対象外ですので、注意が必要です。

➁休憩・睡眠施設

通常は営業所に併設していると思いますが、こちらも、自己所有物件か賃貸物件が必須の条件です。

睡眠施設は、泊り運行がなければ必要がありませんが、設置する場合には、2.5㎡以上の広さが必要です。

【3. 車庫の要件】

車庫も、自己の所有地もしくは賃貸で、一般貨物運送事業の使用が認められた土地でなければなりません。

➀前面道路が十分にあるか

・前面道路とは、車庫から一番近い公道の事を言います。

「車両制限令」という法律で、前面道路の必要な幅が定められており、基本的には6.5メートあれば問題はありません。

いずれにしても、許可申請時に、地元の市町村から幅員証明書を作成してもらう必要があるため、幅が6.5メートル以下の場合は、市町村にしっかりと相談する必要があります。

【4. 車両要件】

➀使用車両は5台から

運送業を始めるためには、最低5台のトラックが必要です。(島しょ部と霊柩い事業は1台でも大丈夫です)

もちろん、軽自動車はダメです。軽自動車を使用する場合は、貨物軽自動車運送事業となり、許可ではなく、届出で開業できます。

➁トラックはリースでも可能

トラックは、積載量のある車両であれば1、4、8ナンバーのいずれでも構いません。4ナンバーのバンでも大丈夫です。

また車両は自己所有でなくても、リースでも可能です。

【5. 資金の要件】

運送業をスタートさせるにあたって、重要なのが資金の確保です。

運送事業をしっかりと運営していくために、半年から1年回していけるような、十分な余裕のある資金があるかが審査の過程で問われます。

①必要な資金は1500~2500万円

資金は、保険料・車両取得費用・従業員の給料6ヶ月分・営業所、駐車場の賃貸料12ヶ月分等などを加味して計算します。

土地や営業所、駐車場等の賃料など、条件が変われば違ってきますが、通常、1500~2500万円が必要となります。

➁残高証明書の提出は2回

資金が十分あるかどうかを証明するために、許可申請時と、許可前に2回、残高証明書を提出します。

③しっかりと準備して許可申請へ

いかがでしょう?運送業許可の要件をご理解頂けましたでしょうか?

一般貨物運送事業の許可を取得するためには、人、モノ(営業所・車庫・睡眠施設・車両)、そして金(資金)をそれぞれ満たさなければなりません。

結構、ハードルが高いといえますが、事前にしっかりと準備をし、それぞれの要件を満たせば、取得できる許可だいえます。

いずれにしても、準備から許可まで、しっかりとした専門家に相談し、進めていく必要があります。

ぜひ、これから一般貨物運送事業の許可の取得をお考えの方は、ぜひ、Ican行政書士事務所にご相談ください。

ご連絡をお待ちしています。

 

≪動画もアップしました!ぜひご覧ください≫

<役員法令試験対策セミナーのご案内>

〇Ican行政書士事務所では、運送許可申請の条件の一つである「役員法令試験」合格に向けた、『法令試験動画セミナー』を随時開催しておりますので、ご希望の方は、ぜひ受講ください。

≪法令試験動画セミナー≫
・動画セミナー5時間
・テキスト&問題集
・過去問1年分+直近の過去問
・条文集
・いつでも、何度でも電話相談
・合格保証付(万が一2度不合格の場合はセミナー代金全額返金)

関東運輸局 法令試験セミナー
https://ican.thebase.in/items/44822016
近畿運輸局 法令試験セミナー
https://ican.thebase.in/items/45800027
中部運輸局 法令試験セミナー
https://ican.thebase.in/items/46360372
九州運輸局 法令試験セミナー
https://ican.thebase.in/items/46265058
中国運輸局 法令試験セミナー
https://ican.thebase.in/items/45214716
四国運輸局 法令試験セミナー
https://ican.thebase.in/items/46455603
北陸信越運輸局 法令試験セミナー
https://ican.thebase.in/items/46943498
東北運輸局 法令試験セミナー
https://ican.thebase.in/items/45993386

<まずは、お気軽にご相談ください!>

電話相談(無料) 070-1389-0777

メール相談窓口はコチラ↓

相談メールフォーム

(24時間対応)